“キレイに並んだ”ことだけが矯正歯科の治療目標ではありません。
審美」:整った歯並びと美しい口元
機能」:健康的で正しい咬み合わせ
安定」:長期に健康的な状態を保てる、歯並びを目指します。
私たちは、この「審美」「機能」「安定」3つを達成するように、治療を行っています。

 「審美の目標」について

 口腔内

 上下の歯の真ん中が合った、左右対称な美しいアーチ

左右対称なアーチ 正面 左右対称なアーチ 上顎 左右対称なアーチ 下顎

 

顔貌(外見)

横顔

美しい口元(口唇がエステティックライン上あるいはラインより内側)

E-line E-line before E-line after

整った口元の例

 治療前

 治療後

 治療前、Eラインよりも出ていた口元も、治療後にはEライン内に収まり、リラックスしていてもお口も閉じやすく、スッキリしているのがわかります。

正面

魅力的なスマイルライン(笑ったときの上の歯並びのラインが下唇のラインと一致している)

smileline

 治療後、笑った時、キレイに並んだ上の歯並びがすべて見えるが、歯ぐきはわずかにしか見えない状態を達成しています。

「機能の目標」について

 山と谷が咬み合った1対2歯咬合  犬歯・前歯のガイドが取れ、咬合干渉のない咬合

1歯対2歯咬合 前方誘導 側方運動

1歯対2歯咬合

良好な前方運動

良好な犬歯誘導

顎関節症を誘発せず、歯ぎしりによる歯の咬耗を起こさない、健康的な咬み合わせを理想とします。

「安定の目標」 について

長期にわたり健康な歯列が安定する治療

「保定開始時 保定中 保定後

 保定開始時

 保定中(治療後3年)

 保定終了後(治療後5年)

  審美上、機能上の目標が達成されると、長期にわたって安定した咬合を得ることができます。