大人の矯正治療イメージ

「矯正治療はこどもの治療だから…」
「今更、遅すぎるかも…」と思っていませんか?
歯と歯ぐきが健康であれば40代、50代の方でも矯正治療をお受けいただけます。
一歩踏み出して、気になっていたコンプレックスを一緒に解消しませんか?


>患者様の声をみる

>治療の流れを確認する

目立つのが嫌なんですが

インコグニート adult

「矯正治療」と言えば「銀色の装置」というイメージが強いですが、最近では、歯の色になじむ目立たない白い装置や、歯の裏側(内側)からの矯正治療、マウスピース矯正も盛んになってきました。舌側矯正治療は特に接客業の方や、男性ビジネスマンの方に喜んでいただいています。  

>見えない矯正について

時間もかかるし、痛そう…耐えられるか心配です。

クリアティSL

大人の方のほうが歯の周囲の骨が硬く、やや歯の動きがゆっくりなこともあります。
しかし、それは骨の柔らかい成長期のこどもと比べたときのこと。

当院では、痛みが出にくく、歯の動きが早くなるように開発されたセルフライゲーションブラケットも導入しており、こちらを選択するという方法もあります。

ご心配の痛みに関してですが、今まで当院で痛みによって治療を中断された方はゼロです。
全く痛くありません、とは言えませんが、あまり心配する必要はないでしょう。

大人になってからの治療、今さら手遅れですか?

矯正TBI

そんなことはありません!
「歯とその周囲の歯ぐきや、歯を支える骨が健康であること」が、矯正治療で歯を動かすための条件です。

当院では、一般歯科との連携を生かし、治療前に歯周病に対するケアを行い、治療中でも歯ぐきの状態も良好に保つことができます。 患者さんの中には60代で治療をスタートされた方もいらっしゃいます。

大人になってから始められた方は、みなさん治療に真剣。
意識が高いので、ご自宅での歯みがきなどのセルフケアも熱心にされる方が多いのも特徴。

そのため、治療にも協力的で歯みがきが上手にできない子どもの時期の治療に比べむし歯の心配も少なく、治療がスムーズに進むという利点もあるのですよ。

 

かぶせて直すと早いと聞きました。矯正治療の利点ってなんですか。

かぶせる治療は、ズラリときれいに並んだ歯並びを手に入れるのには手っ取り早い方法です。

しかし、「かぶせる」=「ご自身の歯を削ること」
むし歯のないきれいな歯を削ってしまうというのは、できれば避けたいもの。その上、歯の神経の処置をすることになれば歯の寿命が短くなってしまうことになりかねません。
その他にも、かぶせ物と歯の境目に汚れが溜まりやすくなってしまったり、むし歯になってしまえば治療のためにかぶせ物を作り替えることで費用がかかってしまったりと、一度かぶせてしまえば終わり、ではありません。

一方、矯正治療は、骨(歯槽骨)に植わっている「歯」自身を矯正装置を使って動かすことで、歯の位置を変えて、歯並びを改善します。歯の位置を変えることができるため、矯正治療では歯並びの安定、噛む機能を考慮した上でベストな位置へ歯を並べることができます。 さらに、レントゲンを撮って骨の中での歯の位置や、上あごと下あごの骨格のバランスも含めて総合的に診断・治療することで、気になっている「口元」の改善を行います。

「口元がすっきりした!」「痩せた?って言われます。」「小顔になって嬉しい!」など、治療で患者さんの顔が生き生きとしてくるのが矯正歯科の醍醐味です。

また、削らないこと、キレイに整ったことで歯みがきがしやすくなり、歯の寿命も延びる。矯正歯科は、究極の予防歯科です。

 

仕事をしています。通院できるでしょうか。

当院は夜間診療(19:00まで)をやっておりますので、お仕事帰りや部活が終わってから来院いただくことが可能です。
土曜日も18:00まで診療しています。
通院間隔が月に1度程度なので、お忙しい方にも無理なく通える範囲だと思います。

 

大人で使う装置について

>大人の矯正治療で使う装置を見る

大人の矯正治療の費用

>大人の矯正治療の料金シュミレーションはこちら

>料金表を見る

大人の矯正治療Q&A